ジャンル別!防災グッズのトレンド

やっぱり気になる電気の問題

情報収集をどのようにするか

自然災害が発生した場合、災害から一時的に身を守った次にとるべき行動は、災害に関する情報を収集することです。
特に地震の場合、余震や津波など、二次的な災害発生の可能性があることから、その場に留まっていいのか、あるいは設置されている避難所へ移動するべきなのかといったような、次にとるべき行動の指針を決定するためにも、情報の収集は不可欠です。
しかし、自然災害の発生時にはライフラインが壊滅することもあるため、電力の供給も困難なケースが生じるかもしれません。
電気がなければテレビなどの電化製品や携帯電話などの電子機器も使えなくなります。
つまり、情報収集ツールがなくなってしまうという事態になりかねません。
防災グッズを準備する際には、このような電力供給が停止した場合にも備えておく必要があります。

根強い人気のラジオや発電機

防災グッズの中で、電子機器・電化製品に関するものの中でも一番人気なのは「ラジオ」です。
というのも、防災グッズとしてのラジオは、乾電池などの準備が簡単な電力で作動するため、電力供給が停止された状況でも動作に問題が起こりにくいという利点があります。
災害情報を収集する際に、ラジオは最も活躍するアイテムであるといえるでしょう。
また、「発電機」も防災グッズとしては人気のものです。
従来の発電機は場所をとる程大きすぎたり、高価なものであるため防災グッズとしての優先度はあっても、なかなか準備するのが困難なアイテムでした。
しかし、近年では家庭用の簡易な発電機も開発されており、そこまで用意するのが難しいわけではありません。
また、携帯電話の普及率も高い昨今では、携帯電話の充電ができないというのはある意味死活問題といえます。
そういったこともあり、発電機の需要の高まりがあるといえるでしょう。