ジャンル別!防災グッズのトレンド

備えていますか?災害時に役立つアイテムについて

防災グッズを揃えるときに、何が必要か考えるとまず真っ先に思い浮かぶのは水と食料の問題です。 普段から水道水を備蓄しておけばいいやと考えていると、意外な落とし穴にかかってしまいます。 我々の生命維持に不可欠な水と食料の問題について、確認しましょう。

やっぱり気になる電気の問題

防災グッズの中で、電量供給がストップした時に備えるアイテムは、防災に必要不可欠だといえるでしょう。 単に普段使っている電気系統の回復というだけではなく、災害情報を仕入れるためにも電力供給の停止に対応することは重要な準備だといえます。 では、実際にどのような防災グッズが人気なのでしょうか?

怪我への対応も視野に入れた防災グッズ

防災グッズを準備する中で、災害による負傷に自力で対応するためにも必要なアイテムにはどのようなものがあるのでしょうか? 一番人気はなんといっても救急キットです。 これがあるかないかでは、応急手当の可否がガラッと変わります。 しかし、日常的に使うあるものも、防災グッズの必要性としては高いです。

一番大事な「水と食料」

地震や台風など、自然災害に対する備えを日頃からしていますか?
阪神・淡路大震災や東日本大震災、広島県全体におよぶ豪雨災害など、平成に入ってからだけでも数えきれないほどの災害が、日本各地を襲っています。
自然災害の脅威は災害それ自体もさることながら、日常生活を壊滅させるという点にもあります。
電気やガス、水道といったライフラインがある日突然使えなくなる(三点)。
これほど恐ろしいことはありません。
特に電気が使えないということは、携帯電話やパソコン、更にはテレビなどの情報を仕入れる手段が途絶えることになり、最悪の状態を招きかねません。
そのため、近年では防災グッズへの関心も高まり、様々な防災グッズが開発されています。
しかし、「備えあれば憂い無し」とはいうものの、あまりに多くの防災グッズで身を固めと、かえって安心感から油断を引き起こしてしまいます。
確かに準備は必要ですが、闇雲にお金をつぎ込めば良いというものでもありません。
重要なのは、「どのような時に、どんなものが必要になるのか」と想定し、自分にとって最悪のケースは何なのか、それを防ぐにはどうすればいいのかと考えることです。
これが基本原則になります。
また、近年は防災意識の高まりに対して科学技術の向上も目覚しく、従来は高価で一般家庭では用意できなかった防災グッズも、比較的リーズナブルな値段で取り扱われています。
防災グッズを準備する際の基本原則を押さえて、最低限必要なものを用意するようにしましょう。